2015年5月

je finirai l’ecole après 4 jours.

2015年5月26日 火曜日

あと4日で学校が終わります。

木曜日には卒業テストと追試が待ってます。(*_*;

 

 

10か月の短い訓練もあっという間でした。

この前の研修ではアメリカンの葡萄の花が咲いていました。

↑もちろん除去しましたが。。。

IMG_1508IMG_1506

 

Vitis Vinifiraも、もうそろそろ花を咲かしそうな予感です。

 

こちらはテントウムシの卵ちゃん。

IMG_1527

 

 

学校の桜の木はサクランボが既に出来、あと糖度が上がるのを待つ感じです。

その前に鳥に食べられてしまうと、同じクラスのIreneが食べてました。(笑)

 

IMG_1554IMG_1553

 

畑の近くにあるリンゴの木も小さな実を付け出しました。

IMG_1510

 

葡萄の木達もすごく伸び新梢が1m位まで来ました。(もっとあるかも。)

 

IMG_1540

 

 

日に日に大きくなっていく葡萄の木達や変わりゆく花など、自然のものに囲まれていると

本当に時間が経つのはあっという間だと感じます。

 

 

はい、というわけで、前回に話していた馬ちゃんについて。

馬ちゃんの授業は選択科目で馬による農耕作業の訓練でした。

 

IMG_1279←まずは平地で練習。

 

 

実際に今のブルゴーニュで馬による農耕作業を取り入れているドメーヌは増えつつあります。

勿論トラクターでの農耕作業を取り入れてるドメーヌの方が断然多いですが。

 

 

馬で農耕するメリットとしては土に対して負担が少ないのと、トラクターでの作業が困難な

傾斜や仕立ての場所に利用したりします。

 

土に対する負担とは、トラクターは非常に重たいので土の奥深くが押し固められてしまいます。

馬はトラクターに比べ非常に軽いので土の奥の部分が柔らかい

土の中のバクテリア等の環境が整う & 雨が降っても土が水を吸ってくれ浸食被害が抑えられる

バクテリア等により土中のミネラル等を葡萄の木が吸収しやすい状態になる

土が良くなり葡萄の木が長生き & 品質の良い葡萄が出来る

 

と、簡単に説明するとこんな感じ等です。

 

IMG_1549← 畑にて実践。

 

勿論、デメリットも存在します。

コスト(食事、飼育スペース等)、馬を操れる人材確保、馬の調教、耕作時間がトラクターに比べかなり掛かる

などなど。

 

 

馬も生き物なのでトラクターに比べてとても大変です。

彼らも病気にもなるし、馬と人との相性もあります。

 

IMG_1541

 

 

 

でも、彼らはとても賢く、優しく、素晴らしい存在だと私は感じました。

 

IMG_1543IMG_1544

 

On était commence premier traitement.

2015年5月9日 土曜日

 

 

学校最後の研修が始まりました。

 

前回の研修から1週間後の研修にも関わらず、葡萄の木達は目まぐるしい位に伸びてます。

畑はすっかり黄緑色。

IMG_1472IMG_1463  IMG_1464←↑葡萄の花の蕾ちゃん。

 

 

 

Chorey les Beauneの畑の葡萄たちはすでに40㎝ほど。

今回の研修作業は芽欠き(Ébourgeonnage)と木の根元の草取り(pioche)。

 

 

 

次の冬の選定(Taille)の事を考えながら芽欠きをするのは楽しいです。

むしろ冬の選定が楽しみな位です。(笑)

 

 

天候は風が強く午前中は湿度の高い日もありましたが雨が降る事もなく畑作業が出来ました。

 

 

IMG_1477

IMG_1469

 

 

ですが金曜日に雨が降るという事で、多くのドメーヌは病気(Mildiou)対策の為、

木曜日にボルドー液を撒いていました。

勿論、Louis CHENUでもボルドー液を撒きました。

 

 

基本的には葉が3枚くらい出るとボルドー液を撒くのですが、

Louis CHENUは葉が5枚くらいになってから撒くそうです。なので今年は今回が初めて。

 

 

 

IMG_1470IMG_1490

 

とある自然派ワインの生産者のお話を聞かせて頂いた時に、

 

「農薬(ボルドー液)はできるだけ撒く回数は少ない方がよい。

そうする事により木の免疫力を高め、病気になりにくくなってくれる。」

 

との事です。

 

 

確かに。

と思う反面、それはとてもリスクの高い事だと感じます。

 

もし病気、害虫、災害等により生産量が落ちて生活が苦しくなってしまったり、、、

なんて不安は付き物。

 

ネゴスをしてなかったら辞めてる‼‼

と、冗談交じりで仰る生産者も居るほど。

 

IMG_1466

↑ダニが早くもコロニーを‼‼ (葉の表面の赤い点々)

 

農業はお天道様ありきの仕事なので、お天道様が常にご機嫌斜めだとシャレになりません。((+_+))

 

と、いう感じです。

 

来週も引き続き研修。

太股パンパンですが頑張るぞー‼‼

 

 

IMG_1491