2015年

les pronostics sont révélés faux.

2015年12月15日 火曜日

ド田舎で育った私の野生の感が鈍ってます(笑)

今年は寒い予感がしていたのですが、予想外に暖かく、霧が多いです。

 

IMG_2173

 

そんな真っ白な大自然の中、相変わらず選定中です。

暖かいと言っても4~7度くらいの気温の中。。。

完全防寒で作業はしているのですが、足の指の感覚がしばしば無くなります。

 

こんな時に足の裏に貼れるカイロが有ればいいのにと、日本がいかに素晴らしい国か再確認(笑)

 

 

そういえば12月からクリスマスツリーが村に飾られました。

これは毎年行われていて、村の住人が勝手に飾りつけをするシステムです。

 

IMG_2175

 

お隣さんはとても可愛く綺麗に毎年しているので目の保養になります。

 

IMG_2174

 

もうすぐ冬のバカンス。出費がかさむシーズンです。

にもかかわらず仕事は今週末までなのでエライコッチャ。

とりあえず仕事も2015年もラストスパートです。

Nous avons commencé la taille de la vigne.

2015年12月3日 木曜日

IMG_2148

 

昨日から12月に入りました。早いものでもう年末です。

凍てつくほど寒い日もあれば、太陽が照りポカポカする日もあります。

 

IMG_2154IMG_2149

 

さて、11月中旬に葡萄の木の赤ちゃんを植えました。

そして畑の修繕作業(杭打ち)を行い、体は軽い筋肉痛です。

 

IMG_2146IMG_2145

先週末と今週月曜は瓶詰めを行ったりと、わりとバタバタしています。

 

昨日からは選定も始まりました。

選定時期はさらに冷え込む年明けから始めるとよいと言われています。

しかし現実問題は中々難しく、人が足りないので年始から始めたら芽吹きまでに間に合わない、

もしくはやる事がほとんど無いドメーヌでは10月末に始めている所もあります。

 

 

畑からは、今年伸びた不要な枝は選定され、切られた枝を燃やすために煙が上がっています。

この作業は体が燻製されたようにとても匂います。(笑) シャワーを浴びてもなかなか取れないほどです。

 

IMG_2153

 

もうすぐしたらこの子達にButtage(土寄せ)をしてもらわなければなりません。

 

IMG_2159

 

2015年はうどんこ病が大量発生しましたが、2016年はどんな一年になるのか今から楽しみです。

 

 

 

 

L’hiver approche.

2015年11月12日 木曜日

IMG_2099IMG_2093

 

ハッと気づけばもう11月半ば。

 

霧が多く太陽が姿を隠すことが多くなりました。

IMG_2106

 

先々週の畑の様子です。

IMG_2120IMG_2123

IMG_2118

 

今はもう畑の葉は99.8%落ちてしまいました。残りの0.02%は今週の冷え込みにより落ちてしまうでしょう。

お隣さんの壁にあった葉も全て無くなり丸坊主。

 

IMG_2126 ➡ IMG_2136

道路には枯葉だけが残ります。

 

 

今週末には栄光の三日間があります。

世界中から人々がワインを買いにBeauneにやってきます。

 

 

2015年に収穫したワインの赤ちゃんの試飲もできる機会です。

今年はどんな感じになってるでしょうか。

Les feuilles des vignes ont commencent tomber.

2015年10月22日 木曜日

IMG_2043

 

先週の寒波により、ブルゴーニュは1日だけ今年の初雪が降りました。

その為か葉は所々で落ち初め、冬が直ぐ傍まで来ていることを感じさせます。

 

あちらこちらの他の畑では、醸造や栽培が落ち着いている時に樹の引き抜き作業や、

畑全面の植え替えの為に全ての樹を引き抜いているのを見かけます。

 

 

IMG_2069 IMG_2068

 

葉が全て落ちきってからは仮選定が始まります。年末ごろから選定が始まり、あちこちで煙が上がる事でしょう。

 

 

さて、先々週の紅葉の原理についてですが、色々調べましたが結局自分の中で納得できるものが見つからないまま、、、

困ったものです。

 

引き続き調べて行こうと思います。

 

 

IMG_2058IMG_2061

 

 

Les vignes en autemne

2015年10月12日 月曜日

今週から一気に明け方が冷え込みました。

14日の水曜日は最低気温が2℃まで下がるようです。

 

まだほんの少し緑は残ってるものの、紅葉の真っ盛りなBourgogne です。

まさしくCôte d’Or(黄金の丘)。

IMG_2030

 

黄色、オレンジ、赤とパッチワークの様に一面に広がり

とても綺麗で運転中に車を止めて撮影している方をたくさん見かけます。

 

 

   IMG_2038      IMG_2046

 

そこでふと疑問に思って調べた事があります。

なぜ同じ枝に黄色と赤色が分かれてできるのか。。。

 

 

調べた結果。。。。

一般的な紅葉ですが、

緑色→黄色

葉は元々クロロフィルという緑色の色素とカロチノイドという黄色の色素が含まれているらしいです。

カロチノイドがクロロフィルの強い緑色に隠れてしまっているため、葉は緑色だが秋が深まり温度が低くなるにつれて

クロロフィルの分解が始まってカロチノイドの方が目立ってくるため、次第に黄色に変化するそうです。(イチョウなど)

 

緑色→赤色

植物は葉を落とすための準備を始めます。

葉柄の付け根に離層という組織がつくられ、物質の行き来は離層により遮られるそうです。

そのため葉の中の物質は茎に移動できなくなり、光合成で生産された糖は葉に留まることになります。

紅葉する葉では、この糖から赤い色素アントシアニンができて葉は赤くなるという仕組みだそうです。(モミジなど)

そして更にアントシアニンと日光が関係していて、日光に当たらないとアントシアニンは 生成されないそうです。

 

イチョウはアントシアニンを作る遺伝子が元々備わっていない、又は働かない為黄色く変わるそうです。

 

 

という答えが見つかりましたが、私の疑問に思っている

1本の枝から赤と黄色ができる仕組みについての答えが見つかっておりません。

 

 

という事でさらに次回は蔓植物(葡萄)の紅葉と調べていきたいと思います。

 

 

続く。

 

 

 

 

Ca y est!!

2015年10月1日 木曜日

IMG_1983

 

大変ご無沙汰しております。久々の投稿です。

 

 

 

IMG_1931

↑ 収穫時期にしか出てこない看板。(もう片づけられてしまいましたが・・・)

 

一身上の都合により、更新できないというか何というか。。。という状態になっていましたがッ!

今日から再スタートです。

 

 

先日はスーパームーンという事でとても綺麗な真ん丸お月様が出ていましたね。

次回見れるのは私が40代になってからとの事なので貴重な月だったんですね。

 

 

さて、今年は雨が少なくとても暑い日が続いていたので2014年よりも収量は減ってしまいましたが、

とても綺麗で小振りのブドウちゃんたちが出来ていました。

 

 

どこの蔵も先週辺りからdécuvage(桶から葡萄と発酵したジュースを出す作業)を始めている模様です。

 

外はもう秋を感じる色や気温になってきました。

 

IMG_1998IMG_1999

 

畑は緑、黄色、オレンジ、赤がとても綺麗に映ります。

 

IMG_1993IMG_1992

 

月日の流れが早く感じます。

私の勝手な予想では今年の冬はとても寒い予感です(笑)

 

IMG_1928

Nous commençons les vendange.

2015年8月30日 日曜日

毎日が目まぐるしく過ぎ去っていく事に日々焦りを感じながら。。。

IMG_1893IMG_1892

こちら8月中旬の葡萄たち。

 

 

クレマンの収穫が8月27日から始まりました。

スパークリングワイン用のブドウは毎年収穫が早く行われますが、8月末に始まるのはビックリ。

(それだけお天道様に恵まれていたって事ですね。)

 

私の住む村Savignyにあるクレマンのドメーヌ Parigot et Richard (家の隣のお隣さん)は

収穫が早まった為、人員が来るまでの間、収穫の準備(Cuve、選果台、プレス機の用意など)と、

収穫されてきた葡萄の選果をするお手伝いを2日間しました。

 

 

クレマンの醸造所での仕事は初めてなのでとても新鮮な気分でした。

 

収穫が早まったのにも関わらず、結構糖度が高く、しかもカビも少ないとても綺麗な葡萄ばかりで

今年が本当に良い年だったと感じさせてくれました。

 

ちなみにクレマンやシャンパンなどのスパークリングワイン用の葡萄は糖度が高すぎない状態で収穫をするのが良いとされています。

なのでスティルワイン用の葡萄より早めに収穫が始まります。

 

泡を有するワインは酸味があることによってキリッと引き締まったワインになるそうなのですが、

糖度が高い葡萄で作るとモッタリとした野暮ったい味わいになるそうです。

 

 

一緒に選果をしたお兄さんは、この葡萄で赤ワイン(スティルワイン)を作ったら凄く良い物が出来るだろうな。

と言っていました。

 

 

1日目の午前中に収穫準備。午後から選果、後片付け。

2日目は朝から選果2回, 午後に選果2回、後片付け。

 

 

届いた葡萄を2人で黙々と選果を行い、選果が終わったらもう一台のプレス機にセッティングし

また黙々と選果を行う。といった感じです。

選果が終わればケース洗い、おじさんは選果台と選果台からプレス機へ葡萄を送ってくれるジラフを洗浄して。。。

 

と目まぐるしい流れ作業を行いあっという間に13時なので1時間のご飯休憩。

 

お兄さんはプレス機が作動中なので醸造所から離れられないとの事。

なのでサンドイッチを作って持っていき、お兄さんは合間を見て急いで食べる。という感じでした。

 

午後はプレスし終わった葡萄を出し、洗浄し、セッティンし、また稼働。

 

 

そんな感じの短い間の手伝いとなりました。

 

 

写真を撮りたかったのですがそんな時間なく、水しぶきを浴びる事が多かったので今回画像なしです(;_;)

とても清潔感のある醸造設内でした。

 

 

私の働くドメーヌChandon de Briailleは9月1日か、2日から始まります。

今度は畑で太陽を浴びながら葡萄の収穫をします。

 

 

 

 

IMG_1911 IMG_1910 IMG_1897  IMG_1894

もうこんなに美味しそう♡

 

Véraison!!! Il commence à prendre la couleur qu’il aura à maturité.

2015年8月5日 水曜日

去年、ビザ更新のために日本に帰国していて見れなかった現象。

 

Véraison=ブドウの色付きです‼‼

 

IMG_1873

 

 

しかもこんなに早く開始するとは思ってなかったのでビックリ。

今年は雨も少なく、良いお天気続きだからでしょうか。

場所によってはもう完全に黒くなってる畑もあります。

 

 

この後、黒ブドウは真っ黒になり、糖度を溜めて美味しいブドウちゃんになってくれます。

白ブドウはパッと見た感じの変化は分かりにくいものの、熟成するにつれて皮が薄くなり艶ができ、

完熟すると黄色を帯びた感じになります。

 

とても嬉しい事で楽しみですね。

 

 

昨日は一日雨だったのでちょうどよかったです。

IMG_1872  IMG_1870

Les averses se succèdent depuis ce mation aujourd’hui.

2015年7月29日 水曜日

IMG_1867←昨日の猫タロー

 

今日は朝から雨がシトシトと降っています。

先週からとても過ごしよい気候になりました。むしろ長袖が必要な日があります。

 

 

先週にほとんどの生産者は最後の農薬散布を終えたとみられます。

収穫前の最低一ヶ月は農薬を撒く事ができないからです。

 

 

8月に雨がたくさん降らないことを祈るばかりです。

今年の収穫は9月の1週目から始まりそうです。クレマンの生産者だと8月末から始まりそうと言っています。

 

今年の収穫も参加できるように私は只今ビザの申請中。

全てが上手く行くと良いのに。と心から思います。

 

 

失業中だった私も皆様に支えてもらいながら、仕事が何とか見つかりそうです。

 

 

こちらは晴れている時の写真。

日焼けはチラホラありますがとても綺麗に実ってます。

 

 

IMG_1858IMG_1861

IMG_1862

 

je suis chômeuse maintenant.

2015年7月13日 月曜日

最近のブルゴーニュは猛暑が続きます。

凄く熱くなったと思えば、一気に涼しくなったりと、体が温度差に付いて行けないことがあります。

 

幸いな事に先週の中盤から涼しくなり、明け方はなんと12度だったり。。。

 

日本にいた頃は明け方によくこむら返りを起こしていましたが、

水をたくさん飲み、畑で沢山動き運動不足が解消されてるせいか全く起きません。

 

朝5時からの仕事は個人的にとても好きです。

まだ太陽が昇っておらず、薄暗い中から日の出を眺め仕事をするのは幸せな事です。

 

 

IMG_1828

 

気球に乗って朝日を見るとかオシャレ。↓

IMG_1833

 

 

そして成長し続ける葡萄を見るとやる気が出てきます。

 

 

IMG_1797

 

 

しかも仕事中は時間が経つのがとても速く感じるので労働時間は長いですが(今回は5時~12時, 13時半~16時半)

気持ち的にはとても楽に感じます。

 

IMG_1830

 

 

先週金曜日は新しく畑を作るという事でDéfonçage(深耕) した土地に、いろんな木の根が埋まってるので

木の根を引き抜く作業をしました。

 

隣にはChandon de Briailleが所有している馬ちゃんがいて時々馬と一緒に遊んだりしました。

馬ちゃんは異常な位懐いてくれたのでとても気分上々に作業が出来ました。(笑)

 

IMG_1841

馬の水飲み場で遊ぶ悪い大人たち。(笑)

 

 

はい、先週の金曜日でChandon de Briailleでの季節労働が終わりました。

またまた失業者となってしまい、仕事を見つけなければなりません。

 

 

IMG_1832IMG_1831

とても可愛い雑草くん。