2019年7月7日

6月になり一気に気温が上昇し、樹の成長が一気に伸びた為、かなり忙しく働いていました。

 

という事で、6月の出来事を小出しにしていきたいと思います。

その前に先ずは今朝の出来事。

朝5時頃地鳴りがする程の雷が鳴り、雨がすごい勢いで降ってきました。

ブルゴーニュでは3週間ぶりくらいかな?の雨で、酷暑の続くこちらでは一気に涼しくなりました。

 

あの雨の降り方は浸食の心配がありましたが、その後はゆっくりと降ってくれたので

水不足の状態だったので良かったかも知れません。

奇跡的に撮れた雷さん。

image1

 

 

そして前回の続き。。。

苺と思われる花はやはり苺でした。

Fraises des bois (フレーズ・デ・ボワ)で、とても甘くておいしかったです(^^)

 

image3

 

 

そして、葡萄の花が咲き出したのが6月4日頃でした。

昨年は5月25日ごろに咲き始めたので、10日ほど遅れての開花でした。

 

image4image5

 

 

こちらは結実直後の写真。うまく結実出来て、小さな粒になりました。

image7

 

こちらは少し流れたようで、うまく結実しなかった葡萄です。

image10

 

私の担当している畑では、今年は去年に比べると葡萄が少なく、結実不良もチラホラ見受けられました。

葡萄が少ない原因としては、去年、一昨年と収量が多かったので、少し樹が疲れてしまっていたのかもしれないですし、

5月頭の遅霜によるストレスかもしれないです。

 

 

話は変わって今年も鳥たちが巣をつくってくれました。

毎年畑に来て子育てをしてくれるのはとても嬉しいです。

image6

 

仕事の帰りに畑に植えられているサクランボを拝借。

 

image8

 

続きはまた後日。